買い物かご
マイページ
新規会員登録
お問い合わせ
フリーコール:0120-109-996

Dr.PRODUCTS Beauty Column

教えてドクター

UVケアでSPFの値はやはり高いものを選んだほうがいいでしょうか?

ご質問ありがとうございます。夏も終わりに近づいてまいりましたが、まだまだ日差しがきつい日が続いていますね。まず、SPFとは何かをご説明いたします。

SPFSun Protection Factorの略でUV‐B波の防止効果を表す指標です。UV‐B波は肌の表皮を傷つけ、赤く日焼けさせシミ等のトラブルも元になります。SPFの数値は紫外線を浴びた時に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍にできるかを表します。

 

例えば、約20分で皮膚が赤くなる方がSPF 30のUVケア商品を使用した時に

 

20分 × 30(SPFの数値)= 600分 = 10時間 

 

約10時間は防げますという目安となるのです。

 

ちなみにPA はUV‐A波の防止効果を、+の数により3段階で表す指標です。UV‐A波は波長が長く肌の奥に届くためシワやたるみの原因ともなります。

 

ご質問いただいたSPFの数値は高い方がいいか?との質問ですが、SPFの数値が高くなるにつれて、お肌への負担も大きくなります。炎天下の中、屋外に長時間いる方は別ですが、日常の生活で使用されるのであればSPF 20、30で十分効果的だと考えています。

 

 

フラーレン配合UVケア

ダーマサイエンス  DPUVプロテクター

30ml ¥4,620(税込)  SPF 30  PA++

http://www.dr-products.com/products/derma/uvprotector.html

 

Beauty Column

美的好奇心
教えてドクター
ビタミン道
DP Mail Magazine
ホーム > 教えてドクター > UVケアでSPFの値はやはり高いものを選んだほうがいいでしょうか?
ページトップ