買い物かご
マイページ
新規会員登録
お問い合わせ
フリーコール:0120-109-996

Dr.PRODUCTS Beauty Column

教えてドクター

肌のくすみはどうして起こるのですか?

くすみが起こるには、いくつかの原因があります。

血行不良、肌の代謝が悪くなった、メラニン色素の生成、その他、乾燥やシワ・たるみなども肌がくすんで見える原因となります。肌のくすみを改善するためには、まず表皮層の一番外側にある角質層のケアが非常に大切になります。

 

まずは、下の写真を見てください。 

 

 20111209アルミ 002キメ.jpg   20111209アルミ 007キメ不整2.jpg

(写真1)新しくシワのないアルミホイル            (写真2)1度丸めて広げたアルミホイル

 

例えば、きれいなアルミホイルを広げてそこに光を当てると、光が反射して表面はなめらかに見えますね。(左 写真1)

しかし、アルミホイルを一度クシャクシャにした後に広げ、光を当てると光が乱反射しきれいには見えなくなります。(右 写真2)

 

同様に、角質層のキメが整っていない肌は暗くくすんで見えますが、キメの整っている肌はワントーン明るく見えるようになります。そのためにも、角質層にある古い角質をピーリングなどで取り除き、肌のターンオーバーの周期を正常にしてあげることも大切です。また、肌を軽くマッサージしてあげること(あまり強くやりすぎないよう注意してください)、血行促進を促す成分の配合している化粧品を使用することもおすすめです。

 

リニューアル発売した、ムキタマゴマージュ(※)には肌に負担をかけずに古い角質を取り除く、また血行促進を促す成分も配合しているのでおすすめしています。また、ダーマサイエンスシリーズに配合しているビタミンC誘導体にはメラニン生成を抑制し、肌のキメを整える働きもありますのでこちらも非常におすすめです。

 

 

※ムキタマゴマージュ

 天然由来の酵素を利用したバイオピーリングのジェル

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

Beauty Column

美的好奇心
教えてドクター
ビタミン道
DP Mail Magazine
ホーム > 教えてドクター > 肌のくすみはどうして起こるのですか?
ページトップ