プロテサンって飲むの?食べるの?

プロテサンは顆粒状とか細顆粒になっていますが「食品」なので、「薬と区分け」するため、通常は「食べる」と表現しています。しかし、日常的には水と一緒に「飲む」方が理解されます。

どんな人が食べるの?

加齢、食生活、ストレスによる免疫低下は誰にでも起きるため、あらゆる年代の方にお勧めしています。

子供が食べてもいいの?

大丈夫です。特にアトピー・小児喘息・肥満などの病気も増えているので、低年齢からの摂取(愛用)をお勧めします。但し、乳児の場合はミルクに混ぜると味が変わり、ミルクを飲まなくなる可能性もありますので、ごく微量にしてミルクの味が変化しないようにするなどの対応が必要です。(心配な方はかかりつけの医師にご相談ください)

妊婦でも大丈夫?

主原料が乳酸菌であり、乳酸菌自体、長年の人類の食経験からも、安全に摂取(愛用)いただけます。(心配な方はかかりつけの医師にご相談ください)

いつ飲むのがよいですか?

薬のような用法・用量はありません。強いて挙げるなら吸収率が高くなる「空腹時」や身体(細胞)の修復が活発になる「就寝前」 をお勧めいたします。
また、胃潰瘍や胃酸過多の方は「食後」の方が胃への負担が小さくなり、良いと考えられます。

水分がないと飲みにくいがジュースでもいい?

ジュース・コーヒーなど基本的には何でもかまいませんが、炭酸系の飲み物は ガスが多く出て、飲みにくいので避けた方が良いかと思います。 また、お味噌汁やスープなど熱い飲み物に混ぜていただいても問題はありません。

他の健康食品と食べ合わせは大丈夫?

乳酸菌を主原料とした食品のため基本的に他の食品と一緒に召し上がって駄目という事はありません。

 

戻る